SSブログ

水谷隼  ドイツ撃破で男子団体初のメダル確定! [卓球]

スポンサーリンク




卓球日本男子団体 
初のメダル確定 

東京につながる大きなメダルだ!


rapture_20160816093405.jpg

リオデジャネイロ五輪の
卓球競技は日本時間16日、
男子団体戦の準決勝が行われ、
日本はドイツに3−1で勝利し決勝進出。

同種目としては初のメダルを確定させた。

日本は第1試合で吉村真晴選手
(名古屋ダイハツ)がドイツのエース、
ドミトリー・オフチャロフに完敗するも、

第2試合ではシングルス銅メダリストの
水谷隼選手(ビーコン・ラボ)が
ティモ・ボルにストレート勝ちを収める。

第3試合のダブルスでは
丹羽孝希選手(明治大)と吉村選手のペアが
バスティアン・シュテーガー、
ボル組を3−1で破ると、

第4試合は水谷選手がシュテーガーを圧倒し、
日本が3勝1敗で決勝へ駒を進めた。




以下、試合後の水谷選手コメント。
「すごくホッとした」


――勝った今の気持ちは?

今回の目標はシングルスと
団体戦でのメダル獲得だったので、
その両方を成し得たということで、
すごくホッとしました。


――シングルスと団体で
メダルを両方獲得した意義は?

シングルスでメダルを
取ったときに言ったのですが、

やっぱりシングルスは
自分の夢であって、
団体戦はみんなの夢を
かなえたかったというか。

自分だけじゃなくて、
この喜びを共有したかったので、
それを成し遂げることが
できてうれしかったですし、

史上初の男子団体のメダル
ということで、
リオから東京につながる。

東京につながる、
大きな大きなメダルだと思います。

――決勝は中国だと思いますが、
どういう戦いをしたいか?

中国とは思わないですね。
初めてやる国だと思ってやります。

自分たちより下だと
思ってやりたいと思います。

中国だと意識してしまうと、
何も変わらないと思うんです。

相手は、五輪の決勝ですから、
緊張していると思いますし、
自分が今まで思っているプレーよりも、
大して変わらないと思うので、

その辺で有利になるために
初めてやる相手だと思って
臨みたいと思います。




決勝戦も期待できそうですね。
最後まで目が離せません。


卓球もがんばれ日本!

引用元記事:http://rio.yahoo.co.jp/column/detail/201608160002-spnavi




このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク



nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。