SSブログ

水谷隼 残念!! 史上初の快挙 銀メダル! [卓球]

スポンサーリンク




水谷隼選手、残念!!金メダルならず!




ロンドン五輪5位の日本は、
金メダルの中国に敗れるも、
卓球男子団体初の銀メダルを獲得しました。




rapture_20160818161945.jpg

卓球男子団体決勝が行われ、
世界ランキング4位の日本は
同1位で団体戦ではここまで
全試合ストレート勝利の中国と対戦。

1―3で敗れたが、男子団体初の
銀メダル獲得となった。

先陣を切ったのは、
世界ランキング22位(個人)の
丹羽孝希選手(21=明大)。

同1位で個人金の馬龍(28)を相手に、
第1ゲーム、序盤から一進一退の攻防を繰り広げたが、
4―5から4連続ポイントを失うと、
そのまま一気に引き離され6―11。

第2、3ゲームも早い攻めに
対応できないまま奪われ、この試合を落とした。

第2試合(同)は同6位で
個人銅の水谷隼選手(27=ビーコン・ラボ)が
同3位の許キン(26)と対戦。

水谷隼選手は得意のラリーで流れを引き寄せ、
第1、2ゲームを連取したが、
続けて2ゲームを奪われイーブンに戻された。

最終ゲームは一時7―10と
マッチポイントを握られてから怒とうの追い上げ。

3連続ポイントでデュースに持ち込むと、
続けて2連続ポイント。

土俵際からの5連続得点で
逆転の大金星を挙げた。


第3試合(ダブルス)は吉村真晴選手
(23=名古屋ダイハツ)、丹羽組
が同4位で個人銀の張継科(28)、
許キン組と対戦。

第1ゲームは奮闘の水谷隼選手に応えるように、
序盤から果敢に攻め、11―4で先取。

勢いに乗りたい日本だったが、
以降は6―11、9―11、5―11と失速し、
逆転負けを喫した。

後がない日本は第4試合(シングルス)で
吉村真晴選手が出場し、
馬龍と対戦。

第1ゲームから終始相手ペースで試合は進み、
ストレート負け。

絶対王者・中国の3連覇を阻止することはできず、
悲願の金メダル獲得はならなかった。


しかし、初の銀メダルの戦いは
次へとつながるいい試合でした。


東京で卓球もがんばれ日本!



引用元記事:http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/08/18/kiji/K20160818013190390.html





このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク



nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加