SSブログ

杉原愛子 世界初の技 [体操]

スポンサーリンク




■杉原愛子 世界初の技



体操の豊田国際最終日が11日、
愛知・スカイホール豊田であり、

男子の跳馬では、
リオデジャネイロ五輪で
この種目の銅メダルに輝いた
白井健三選手(日体大)が2連覇した。

平行棒はリオ五輪団体総合
金メダリストの山室光史選手
(コナミスポーツ)が初優勝。

リオ五輪で団体、個人総合を制した
内村航平選手は左肩の故障などで欠場した。

女子はリオ五輪代表の
村上茉愛選手(まい、日体大)が
平均台とゆかで優勝。

平均台では、リオ五輪代表の
杉原愛子選手(朝日生命)が
国際体操連盟の採点規則に
掲載されていない新技を成功させた。

rapture_20161212230656.jpg

■つま先立ちし2回ターン



幅わずか10センチの平均台。

杉原愛子選手は
左足でつま先立ちし、
右足を顔の前で持った状態で
2回ターンをした。

勢い余って少々回りすぎたが、
E難度の大技を見事に決めた。

日本体操協会はすぐさま
国際体操連盟に新技として申請した。

認められれば、国際大会で初めて
成功した選手という勲章を得られる。

男子と違って女子は
新技に初成功者の
名前がつかない傾向にあるが、
「成功してすごくうれしい」
とトレードマークの笑顔で言った。

17歳。若さゆえだろう。

疲労とは無縁で、
団体4位に貢献したリオ五輪後も、
試合続きの中で技の習得に励んだ。

この日の平均台は宙返りで落下して4位だったが、
「それも経験。挑戦したことが収穫」。

伸び盛りの杉原愛子選手にとっては、
1年を締めくくる大会が、
始まりの一歩となった。



東京でも

がんばれ!ニッポン!


引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000040-asahi-spo




このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク



nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加