SSブログ
新体操 ブログトップ

畠山愛理が現役引退へ  [新体操]

新体操 畠山愛理選手が現役引退へ

「最後と決めていた」 

rapture_20160822084128.jpg

<リオ五輪:新体操>◇21日◇団体決勝

フェアリージャパンの主将も務めた
畠山愛理選手(あいり、22=東京ジュニアク)が、
涙で現役引退を宣言した。

「私は今回の五輪で最後にすると決めていた。
これで、試合に出ることは最後にしたい」。

8位に終わった決勝直後、心境を明かした。

rapture_20160822084303.jpg

初のメダル獲得を目指して
5位で団体決勝に進出した日本
(杉本、松原、畠山、横田、熨斗谷)は、

1種目目のリボンの大技「4本投げ」が乱れ、
予選の得点より1点近くも低い
16・550で8位と出遅れた。

2種目目のフープ・クラブで
上位を狙いミスのない演技を披露して
17・650の高得点をマークしたが、
2種目合計34・200点で
最下位は変わらなかった。

畠山愛理選手は
6歳から新体操を始め、
09年からは日本代表としてチームに
2大会連続の入賞に貢献してきた。

「苦しいこと、つらいこと、楽しいこと、
たくさんあったけれど、あっという間でした。
決勝ではリボンはミスしてしまいましたが、
決勝の舞台に立てたことは幸せなこと」
とやりきった表情。

2020年東京五輪は後輩に託す。

「東京に日本チームが
この悔しさをぶつけてくれたらいいと思う。
私もまた違う形で関われたらいい。
このリオ五輪は、絶対に次につながります」。

真っ赤な艶やかな衣装が最後の勇姿。

「新体操をずっと続けてきてよかったです」。

最後は笑顔で、
競技生活に別れを告げた。


引用元記事:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160822-00000006-nksports-spo



▼オリンピックの見逃し配信
オリンピックの見逃し配信ならU-NEXT




このエントリーをはてなブックマークに追加
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

畠山愛理 ナンパ [新体操]

畠山愛理さんナンパされたら…と言う質問に
「そんなに軽くない!」と一蹴したようです。

rapture_20160803180811.jpg


初の五輪メダル獲得を目指す
リオデジャネイロ五輪
新体操団体総合日本代表の5人が2日、
リオ五輪前最後の合宿地、
ブラジル・アラカジュへ成田空港から出発した。

2度目の五輪出場の畠山愛理さん(21)は
「自分たちが本番で(本場の)サンバより
激しく踊れるように」と誓った。

「ロンドンの時は(チーム)最年少で、
すごくドキドキというか
全てが初めてのことで緊張していた。
1度経験している分、今は落ち着いている」。

今回は松原に次ぐ年長者になり、
仲間へ経験談を伝えるまでに成長して、
リオに乗り込む。

rapture_20160803181709.jpg

畠山愛理さんは昨年のミス日本で
コンテスト応募者以外の
一般女性を対象として
新設された「特別賞(和田静郎特別顕彰)」を受賞。

美しさ故に
異国の地でナンパされたらと問われると
「私はそんなに軽くない!」と笑顔で一蹴した。

美人アスリート集団「フェアリージャパン」として
悲願のメダルへ華麗な舞を見せる。


美人アスリートもがんばれニッポン!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
新体操 ブログトップ
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加