SSブログ

杉原愛子 世界初の技 [体操]

■杉原愛子 世界初の技



体操の豊田国際最終日が11日、
愛知・スカイホール豊田であり、

男子の跳馬では、
リオデジャネイロ五輪で
この種目の銅メダルに輝いた
白井健三選手(日体大)が2連覇した。

平行棒はリオ五輪団体総合
金メダリストの山室光史選手
(コナミスポーツ)が初優勝。

リオ五輪で団体、個人総合を制した
内村航平選手は左肩の故障などで欠場した。

女子はリオ五輪代表の
村上茉愛選手(まい、日体大)が
平均台とゆかで優勝。

平均台では、リオ五輪代表の
杉原愛子選手(朝日生命)が
国際体操連盟の採点規則に
掲載されていない新技を成功させた。

rapture_20161212230656.jpg

■つま先立ちし2回ターン



幅わずか10センチの平均台。

杉原愛子選手は
左足でつま先立ちし、
右足を顔の前で持った状態で
2回ターンをした。

勢い余って少々回りすぎたが、
E難度の大技を見事に決めた。

日本体操協会はすぐさま
国際体操連盟に新技として申請した。

認められれば、国際大会で初めて
成功した選手という勲章を得られる。

男子と違って女子は
新技に初成功者の
名前がつかない傾向にあるが、
「成功してすごくうれしい」
とトレードマークの笑顔で言った。

17歳。若さゆえだろう。

疲労とは無縁で、
団体4位に貢献したリオ五輪後も、
試合続きの中で技の習得に励んだ。

この日の平均台は宙返りで落下して4位だったが、
「それも経験。挑戦したことが収穫」。

伸び盛りの杉原愛子選手にとっては、
1年を締めくくる大会が、
始まりの一歩となった。



東京でも

がんばれ!ニッポン!


引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000040-asahi-spo




このエントリーをはてなブックマークに追加
nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

白井銅メダル!新技成功! [体操]

体操 種目別決勝 男子跳馬

白井健三選手が
「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」
を初めて成功させ、
15・499点で銅メダルを獲得しました!


rapture_20160816091710.jpg


◇リオデジャネイロ五輪体操・
種目別跳馬決勝(2016年8月15日)

男女の種目別決勝が行われ、
男子跳馬で19歳の白井健三選手(日体大)は
「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」
を初めて成功させ、
15・499点で銅メダルを獲得した。

団体で獲得した金メダルに続き、
初五輪で2つ目のメダルとなった。

rapture_20160816092728.jpg

跳馬の種目別決勝は2回の演技を行い、
2本の平均点を争って行われる。

白井健三選手は1本目で、
団体決勝で披露した
「シライ/キムヒフン
(伸身ユルチェンコ3回ひねり)」
よりひねりが半分多い新技に成功し
15・833点の高得点を記録。

2本目の「ドリッグス」は15・066点で、
2本平均15・499点だった。

マリアン・ドラグレスク(ルーマニア)と
2本の平均点では並んだが、

白井健三選手の1本目の得点が
ドラグレスクの
高い方の得点を上回っていたため、
白井健三選手が3位となった。

日本勢の跳馬での表彰台は、
1984年ロサンゼルス五輪で
「銀」の森末慎二さん、
具志堅幸司さん以来。

また、新技が国際体操連盟
(FIG)から認定されれば

「シライ2」と命名される見通しで、
自身の名前がつく技は跳馬で「2」、
床運動で「3」の計5個となる。

15日(日本時間16日)の
種目別床運動決勝では、

金メダル候補だったものの
2度大きく着地で乱れて
メダルに届かなかった。

「気持ちを切らさず、
きょうの悔しさを晴らすような
堂々とした演技をしたい。

あしたも難しい技に挑戦する
と思います」と意気込んでいた。

優勝は15・691点のリ・ゼグァン(北朝鮮)、
2位には15・516点で
デニス・アブリャジン (ロシア)が入った。





白井選手、2個目のメダル獲得。

東京へさらに夢が広がりますね。



体操もがんばれ日本!

引用元記事:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160809-00000532-san-spo




このエントリーをはてなブックマークに追加
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

内村航平、逆転の金メダル 個人総合 [体操]

内村航平選手、個人総合で逆転の金メダルを獲得しました!


rapture_20160811091535.jpg


「リオ五輪・体操男子個人総合・決勝」
(10日・リオ五輪アリーナ)

ロンドン五輪金メダリストの
内村航平選手(27)=コナミスポーツ=が、
6種目合計92・365点で
44年ぶり史上4人目の連覇を達成した。

内村はトップと0・901点差で迎えた
最終種目の鉄棒で着地まで
完ぺきな演技を見せ、大逆転勝利を飾った。

2位は0・99点差で
オレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)だった。

rapture_20160811091943.jpg

メダリスト会見では
世界大会8連覇の内村航平選手に対し、

海外メディアから
「あなたは審判に
好かれているんじゃないですか?」
という質問が飛んだ。

内村航平選手は淡々と
「まったくそんなことは思ってない。
みなさん公平にジャッジをしてもらっている」
と答えた後、

この質問に怒っていたのが
誰であろうベルニャエフだった。

「審判も個人のフィーリングは持っているだろうが、
スコアに対してはフェアで神聖なもの。

航平さんはキャリアの中で
いつも高い得点をとっている。
それは無駄な質問だ」と言い放った。

会見の中ではベルニャエフと、
銅メダルのマックス・ウィットロック(英国)から
内村航平選手への称賛が相次いだ。

「大変素晴らしい。
彼は皆のお手本です。
今日の最後の鉄棒は言葉がない。
クレイジーとしかいえない」(ウィットロック)、

「航平さんを一生懸命
追っているが簡単じゃない。

この伝説の人間と一緒に
競い合えていることが嬉しい。
世界で1番クールな人間だよ」(ベルニャエフ)。

賛辞の嵐に内村は真ん中で気恥ずかしそうにしていた。










体操もがんばれ日本!

引用元記事:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160809-00000532-san-spo




このエントリーをはてなブックマークに追加
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

体操男子団体、悲願の金メダル [体操]

体操男子団体、日本がアテネ五輪以来の
金メダルを獲得しました!


rapture_20160809081140.jpg
リオデジャネイロ五輪は
大会第4日の8日、
リオ五輪アリーナで
体操男子団体総合決勝を行い、

日本は6種目合計274・094点で
2004年アテネ五輪以来、
3大会ぶりの金メダルを獲得した。

内村航平、山室光史、加藤凌平、
田中佑典(いずれもコナミスポーツ)、
白井健三(日体大)の布陣で臨んだ日本は、
最初のあん馬で5位と出遅れたが、
跳馬、平行棒で高得点を揃えて2位に浮上。

5種目の鉄棒でロシアを抜いて首位に立った。

2位に0・208差で迎えた
最終種目のゆかは
白井、加藤、内村で臨んだ。

昨年の世界選手権種目別を制した白井が
高難度の技を決めて16・133点をマーク。

加藤がミスのない演技で15・466点でつなぎ、
絶対エースの内村が15・600点で締めた。

日本男子は1960年ローマ五輪から
76年モントリオール五輪まで団体5連覇を達成。
04年アテネ五輪以来の金メダル獲得で、
通算7度目の団体金メダルとなる。












体操もがんばれ日本!

引用元記事:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160809-00000532-san-spo




このエントリーをはてなブックマークに追加
nice!(2) 
共通テーマ:スポーツ

内村航平 まさかの落下 [体操]

内村航平選手がまさかの落下。


種目別決勝を逃してしまいました。

rapture_20160807085527.jpg

<リオ五輪:体操>◇6日◇男子予選

団体総合、個人総合、
種目別の決勝進出を懸けた予選が行われ、
団体で3大会ぶりの金メダルを
目指す日本は1班に登場した。

エース内村航平(コナミスポーツ)は得意の鉄棒で
落下するまさかのミスで種目別決勝を逃した。

チームとしての得点も伸び悩んだ。

内村はスタート種目のあん馬を無難に乗り切ると、
大技「リ・シャオペン」に挑んだ跳馬は15・533点と高得点をマーク。

日の丸が揺れるスタンドに笑顔で応えた。

だが、好記録を期待された鉄棒に
まさかの落とし穴が待っていた。

最初の離れ技「屈伸コバチ」で
バーをつかみ損ねて落下。

種目別決勝も逃す
14・300点の結果に、唇をかみしめた。

最終種目の床では
全員が15点台をそろえたが、
6種目を終えたチームの合計も
269・294点と伸び悩んだ。

内村は「これがオリンピック。
練習でうまくいっていたので、
少し過信があった。

決勝では気持ちを切り替えて、
今日出たミスが出ないように
調整したい」と話した。

団体予選は各種目4人が演技し、
上位3人の合計得点で争われる。

予選の得点は決勝には持ち越されない。



決勝で
雪辱を果たして金メダルを狙う
内村航平選手ですね。

体操男子もがんばれ日本!



nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加