SSブログ

日本メダル獲得数 過去最多 [総合]

リオオリンピック メダル獲得数で日本は7位 
金12、銀8、銅21の計41個で過去最多となりました。

rapture_20160822090212.jpg

リオデジャネイロ五輪は
大会最終日の21日、すべての競技を終えた。

今大会、日本が獲得した
メダル数は41個(金12、銀8、銅21)で、
前回ロンドン大会の38個を
上回って過去最高となった。

各国のメダル獲得数ランキングでは、
米国(121)、中国(70)、
英国(67)、ロシア(56)、
ドイツ(42)、フランス(42)に次ぐ7位。

自国開催となる
2020年東京五輪に向け、
期待をふくらませる成果を上げた。

最も多くメダルを獲得したのは柔道で12。
競泳とレスリングが7で続き、
日本の“お家芸”が存在感を示した。

個人では、体操男子の団体総合と個人総合で優勝し、
2個の金メダルに輝いた内村航平選手(コナミスポーツ)、

競泳男子で400メートル個人メドレーで金、
200メートル個人メドレーで銀、
800メートルリレーで銅と
3つのメダルを獲得した
萩野公介選手(東洋大)の活躍が目立った。

バドミントン女子ダブルスの
高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は、
バドミントンで日本勢初の金メダルを獲得した。

卓球は男子団体で銀、
女子団体で銅メダルを手にし、
さらに男子シングルスの水谷隼選手
(ビーコン・ラボ)は卓球個人種目で
日本勢初メダルとなる銅メダルに輝いた。

テニス男子でも
錦織圭選手(日清食品)が
シングルスで3位となり、
日本勢としては96年ぶりのメダルを獲得。

カヌー・スラローム
男子カナディアンシングルに出場した
羽根田卓也(ミキハウス)はカヌー競技で
初となる銅メダルに輝くなど快挙が相次いだ。

陸上男子400メートルリレーでは、
山県亮太選手(セイコーホールディングス)
飯塚翔太選手(ミズノ)
桐生祥秀選手(東洋大)
ケンブリッジ飛鳥選手(ドーム)
で臨んだ日本は銀メダルを獲得。

海外勢が圧倒的な強さを
誇っている陸上界で、
日本の力を世界に見せつけた。

今大会では、
初めて「難民五輪選手団」が結成され、
陸上や競泳に出場したが
メダル獲得はならなかった。

引用元記事:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160822-00000512-san-spo



▼オリンピックの見逃し配信
オリンピックの見逃し配信ならU-NEXT




このエントリーをはてなブックマークに追加
nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

錦織「銅」、96年ぶりメダル…ボルトは3連覇だ! [総合]

ウサイン・ボルト選手 3連覇!

rapture_20160815134138.jpg

【リオデジャネイロ=読売取材団】

リオデジャネイロ五輪は第10日の14日、

テニス男子シングルス3位決定戦で、
第4シードの錦織圭(26)(日清食品)が
第3シードのラファエル・ナダル(30)
(スペイン)を破って銅メダルに輝いた。

日本テニスでは、熊谷くまがい一弥(いちや)
が男子シングルスなどで2位となった
1920年アントワープ大会以来、96年ぶり。


レスリング男子グレコローマンスタイル59キロ級で、
太田忍(22)(ALSOK)が2位となり、

日本男子は52年ヘルシンキ大会から
出場16大会連続でメダルを獲得した。

陸上男子100メートル決勝は、
ウサイン・ボルト(29)
(ジャマイカ)が9秒81で制し、
この種目で史上初の3連覇を達成した。


卓球女子団体の日本は準決勝で接戦の末、
ドイツに敗れ、3位決定戦に回った。



まだまだがんばれ日本!



引用元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00050069-yom-spo





nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加