SSブログ

水谷隼、張本氏の喝に「戦場なので」 [卓球]

スポンサーリンク




水谷隼選手、張本氏の喝に「戦場なので」と
ガッツポーズに理解求める発言をしたそうです。


「リオ五輪・卓球男子団体・準決勝、
日本3-1ドイツ」(15日、リオ中央体育館)

ロンドン五輪5位の日本は、
前回銅メダルのドイツに逆転勝ちし、
初の決勝進出を決めた。




rapture_20160816153602.jpg

今大会シングルス銅メダルの水谷隼選手(27)
=ビーコン・ラボ=は2戦2勝と存在感を発揮し、
個人に続いて団体でも日本男子史上初のメダルが確定。

17日(日本時間18日)の決勝で、
2連覇中の中国と対戦する。

歴史的勝利の瞬間、喜びが全身を駆け巡った。

強烈なフォアハンドで
試合を決めたエース水谷隼選手は、
両拳を握ったまま後ろに倒れ込みガッツポーズ。

男子団体初のメダルを決め、
「今回の目標は個人と団体のメダルだった。
シングルスは自分の夢、
団体戦はみんなの夢をかなえたかった」
と喜びを爆発させた。

そりゃないぜ、張本さん-。

野球評論家の張本勲氏が
TBS系「サンデーモーニング」で、
自身のガッツポーズに「あれはダメだよ。

手は肩から上に上げちゃダメ」
と喝を入れたことについて、
「もちろん話題になってるので知ってる」と水谷隼選手。

水谷隼選手自身が掲げる
「卓球のメジャースポーツ化」
に向けての“洗礼”の一つとも言えるが、
「(ガッツポーズは)遊びじゃなくて、
命を懸けてるので(喜びが自然と出る)。
相手も命を懸けて来る。
戦場ですからね」と、
卓球界のオピニオンリーダーとして理解を求めた。

もちろん卓球界においても礼節は重要視される。

この日も試合後、
健闘をたたえ合う握手は欠かさなかった。




このコメントに対して、
ネットニュース記事にコメントが殺到しています。


「別のコメであったけど

野球は胴上げまでしてるって。

それはどう説明するんやろか。」

「王さんの本塁打記録のとき
めちゃくちゃガッツポーズしてましたやん」

などコメントする人が続出してます。


張本氏とのバトルも注目が高いですね。


場外乱闘で盛り上がるほど
卓球も注目が集まってます。


まだまだ、卓球の試合も盛り上がりますね。

卓球もがんばれ日本!



引用元記事:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160814-00000526-sanspo-spo





このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク



nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加