SSブログ

広瀬順子選手が銅メダル 柔道女子日本初メダル [柔道]

柔道57キロ級 
広瀬順子選手が銅メダル獲得、
女子日本初メダルだ!

rapture_20160910174739.jpg

【リオデジャネイロ】
パラリンピック柔道女子で日本初めてのメダルは
夫婦2人でつかみ取ったものだった。

57キロ級で広瀬順子選手(25)
=伊藤忠丸紅製鋼=
が銅メダルに輝いた。

3位決定戦で勝った後、
観客席で見守っていた夫の
広瀬悠選手(はるか、37)が近寄り、
歓喜の抱擁を交わした。
「やった! おめでとう」

昨年12月に結婚したばかりの
新妻はこう返した。
「頑張ってよ。明日」

翌日に男子90キロ級の試合で
金メダルを目指す悠選手への力強いエールだった。

小5で柔道を始め、
全国大会に出場するほどの実力を身につけた。
しかし、19歳のとき突然、
視力をほとんど失う難病にかかった。

3年間、畳から遠ざかった。

治療のため激しい運動ができなかった。

大学3年生の22歳の時、転機が訪れた。

たまたま運営のお手伝いに行った
パラリンピック競技のゴールボールの試合で
選手らが輝いているのを感じた。

もう一度、自分も何かに一生懸命になれたら。

“柔らの道”との再会を果たした。

そして、米国での国際大会の遠征先で
柔道家の夫と出会った。

「結婚してから柔道がより楽しくなった。
夫の存在が練習の励みとなり、強くなれた」

3位決定戦の相手の
スペイン人選手は過去2戦2敗。

いずれも力負けしていた。

大会前、夫と一緒にジムに通い、
パワーをつけた。

昨年10月に1回がやっとだった
懸垂は20回できるようになった。

夫の異名は「寝技の鬼」。

弱点だった寝技も一緒に強化した。

試合前にも夫からアドバイスをもらった。

おかげで緊張せずに望むことができた。
最後は寝技の押さえ込みで一本勝ち。

猛練習は嘘をつかなかった。

「もう一度柔道を始めてよかった。

銅メダルは女子の
視覚障害者柔道の未来につながる。

4年後は最初から金メダルを
目指すと堂々と言えるほど、
練習に打ち込んで挑みたい」


柔道もがんばれ!ニッポン!








引用元記事:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160910-00000519-san-spo.view-000





nice!(0) 

広瀬誠が銀、今大会日本メダル1号 柔道 [柔道]

柔道60キロ級 広瀬誠選手が銀メダル獲得、
今大会日本メダル1号 だ!


<リオ・パラリンピック:柔道>
◇8日◇男子60キロ級(視覚障害)

広瀬誠選手(39=愛知県立名古屋盲学校教)が、
銀メダルを獲得して
今大会の日本選手団メダル第1号となった。

rapture_20160909095701.jpg

決勝は世界ランク1位の
ウズベキスタン選手に一本負けしたが、
04年アテネ大会の銀メダルに続く、
2つめのメダルを12年ぶりに獲得した。

決勝は開始早々に技ありを奪われ、
その後は積極的に攻めたが、内股を返されて、
合わせ技一本負けを喫した。

アテネ大会の銀メダルを上回ることはできなかったが、
スタンドから
「お父さんガンバレ」の声援を送った3人の娘に、
3大会ぶりのメダルを見せることができた。

西尾東高1年から柔道を始めたが、
2年の終わり頃に視覚神経が
萎縮するレーベル病を発症。

本が読めなくなり、
生活も不自由になったが、
特別支援学校教員になるために
進学した筑波大理療科で柔道を続け、
04年アテネ・パラリンピックで銀メダルを獲得した。

08年北京大会は減量苦の影響で7位に終わり、
66キロ級で出場した
12年ロンドン大会は3位決定戦で敗れた。

その後、引退を考えたが、
3人の娘(5歳、3歳、1歳)に

「父親が障害がありながらも
頑張っている姿を見せたい」

という理由で13年から再び練習を再開した。

表彰式後はスタンドに歩み寄り、
娘たちの首に銀メダルを駆けた。

金メダルは逃したが、
「子どもの記憶に残る戦いを見せたい」
という目標は見事に達成した。




柔道もがんばれ!ニッポン!








引用元記事:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160909-00000007-nksports-spo





nice!(0) 

柔道男子100kg超 原沢が銀メダル! [柔道]

柔道男子100キロ超級で
原沢久喜選手が銀メダルを獲得し、
男子は全階級でメダルを獲得しました! 

男子代表の井上康生監督が男泣きだそうです。




rapture_20160813114038.jpg

◇リオデジャネイロ五輪・柔道

100キロ超級で原沢久喜選手
(24=日本中央競馬会)が
銀メダルを獲得し、
男子は全階級でメダルを獲得。

柔道の男子100kg超級の決勝が
12日(日本時間13日)現地で行われ、
原沢久喜選手(24、JRA)がロンドン五輪金メダリストの
テディ・リネール (27、フランス)に敗れたが、
銀メダルを獲得した。

原沢久喜選手の決勝の相手となったリネールは、
世界選手権7連覇を果たしている最強の柔道家。

2010年の世界選手権の無差別級決勝で
上川大樹選手に判定負けして以来、
6年間負けがなく100連勝以上を続けている。
 
その絶対王者を相手に初対戦となる原沢久喜選手は、
開始直後に首を抜いて逃げたという指導を受けた。

組み手争いに苦しみ、さらに2つ目の指導。

1分50秒過ぎには払い腰を仕掛けられたが、
なんとかこらえた。

原沢久喜選手は攻めに出るが、
組み手を切られ、なかなか組ませてもらえない。

残り30秒前でリネールに指導。

結局、指導ひとつだけの差で原沢は敗れた。

だが、リネールが攻めてこなかったことに
会場はブーイングに包まれた。

原沢久喜選手は、
1回戦を指導ひとつの差でアダム・オクルアシビリ(ジョージア)を下し、
2回戦はウシャンギ・コカウリ(アゼルバイジャン)に3分26秒大内刈りで1本勝ち、
準々決勝もアレックス・ガルシアメンドーサ (キューバ)に指導が
4つ出て反則による1本勝ちで準決勝へ進んだ。

準決勝は、アブドゥロ・タングリエフ(ウズベキスタン)から
3分30秒に内股から大内刈りの連続攻撃で有効。

体力が消耗して技をかけられないラングリエフに
4つ目の指導がつき反則勝ちで決勝へ進出。

この時点で日本柔道男子は
7階級すべてでのメダル獲得が決定していた。

原沢久喜選手は、4月の全日本選手権では敗れたが、
国際大会7連勝、代表権争いをしていた
ライバル七戸龍(九州電力)に体重別で
勝っていたことなどが評価され代表に選出されていた。

ここまで世界選手権出場経験はなかったが、
“打倒リネール”だけを考え
怪我などを克服しながら入念な準備をしてきた。

日本柔道界にとって象徴ともいえる
最重量級を制する責任を
背負ってのリオ五輪の舞台だった。

試合後、原沢久喜選手は、
「やっぱり勝ってこそ意味がある。
これから何度でも(リネールと戦える)
チャンスがある限り挑戦は続けていきたい。

最高の舞台で戦えたのは光栄だと思う。

(リネール対策は?)

前半をしのいで、後半勝負にもっていく考えだった。
なかなか自分の組み手になるチャンスが少なくて、
組んだときもチャンスをものにできなかった。

(日本柔道男子は全階級でメダル獲得したことは?)

ロンドンの負けから少しは成長が
できたんじゃないかなとは思っています。

(プレッシャーは?)

みんながメダルを取ってきて
自分だけが負けたらどうしようとか、
いろいろ考えたが、無心で戦うことだけを考えた」と、
終始厳しい表情でインタビューに答えた。


4年後もがんばれ日本!

引用元記事:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160813-00000001-wordleafs-spo




このエントリーをはてなブックマークに追加
nice!(1) 

柔道男子 全階級でメダル獲得!井上康生 涙 [柔道]

柔道男子100キロ超級で
原沢久喜選手が銀メダルを獲得し、
男子は全階級でメダルを獲得しました! 

男子代表の井上康生監督が男泣きだそうです。
井上康生監督が 涙したようです。



rapture_20160813110605.jpg

◇リオデジャネイロ五輪・柔道

100キロ超級で原沢久喜選手
(24=日本中央競馬会)が
銀メダルを獲得し、
男子は全階級でメダルを獲得。

男子代表の井上康生監督(38)は
「この7人は歴史に大きく名を刻んでくれた」と選手を称えた。



前回ロンドン大会で金メダル「0」に終わった
男子柔道の再建を託されての監督就任。

練習量に頼っていたやり方をあらため
選手の肉体改造に着手したほか、
海外の民族格闘技を学ぶなど
数々の改革を進めてきた。

その思いに応えた選手との
4年間について質問が及ぶと、
思わず号泣。

「選手を信じることだと思います」
と声詰まらせると、
もう一度「選手を信じること。それだけだったと思います」。

そう答えた後は言葉にならなかった。

原沢久喜選手は試合後、
フジテレビ系「めざましどようび」
(土曜前6・00)に生出演し

「監督からは“またやっていこう”と言われ、
新たにやりたいという気持ちになった。

4年後、また同じ舞台に立ちたい。
その思いでいっぱいです」ときっぱり。

指揮官の涙に、
4年後へと気持ちを新たにしていた。


4年後もがんばれ日本!

引用元記事:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160813-00000065-spnannex-spo




このエントリーをはてなブックマークに追加
nice!(0) 

ベイカー茉秋、金メダル 男子90kg級 [柔道]

ベイカー茉秋選手、柔道 
男子90kg級で金メダルを獲得しました。


rapture_20160811082348.jpg


リオ五輪の男子柔道90kg級の
決勝が10日(日本時間11日)、
現地のカリオカアリーナで行われ、

ベイカー茉秋(21、東海大)が
バルラム・リパルテリアニ(ジョージア)
を下し金メダルを獲得した。

日本柔道界が以前の86kg級も含めて、
ずっと勝てなかった“未開の階級”に
初の金メダルをもたらした。
 
上背はリパルテリアニに劣る
ベイカーだが積極的に攻める。

奥襟をとって大内、大外と仕掛けていく。
2分過ぎには大内刈りで有効をとった。
あせった相手が出てくるが、冷静に対処。

残り1分で指導を受けたが耐え続け、優勢勝ちした。

決勝までオール1本勝ちで進んだ。

初戦となる2回戦では
マルク・オーデンタール(ドイツ)を
背負い落としで一本勝ち、

3回戦はアレクサンダル・クコリ(セルビア)を
谷落としから横四方固めの合わせ技で一本。

準々決勝では、アレクサンドル・イディア(フランス)
を小外刈りから、横四方固めの合わせ技一本勝ちで、準決勝へ。

チェン・シュンチャオ(中国)との準決勝は、
試合終了直前に指導を受けて、
絶対絶命だったが、
4分19秒に大内刈りで倒して有効を取ると、
そこから袈裟固めに入り
1本勝ちで決勝へ進出した。

ベイカーは、アメリカ人の父親と
日本人の母、由果さんとの間に生まれた。

柔道を始めた小学校の頃に両親が離婚。

母親が苦労しながらベイカーを育てた。

体重を増やすなど課題があったが、
母の協力もあって強くなれた。

ベイカーにとって、その母親に
感謝の思いを伝える悲願の金メダルとなった。

試合後、ベイカーは
フラッシュインタビューに笑顔で答えた。

「嬉しいです。今日の戦いというか、
これが小さい頃からの夢。

井上監督(井上康生)が、
(シドニー五輪)オリンピックチャンピオン
になったのを見て(柔道を)始めたので、

それを達成できてよかったです。

井上監督からは、一番オーラがあると言われていた。
それが結果に出て良かったです。
まだ実感がないのですが、すごく嬉しいです。

重圧というか、
ずっとオリンピックチャンピオン
になることだけを夢みて、
柔道に取り組んできたので」

21歳の若者らしい爽やかな笑顔だった。





柔道もがんばれ日本!

引用元記事:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160811-00000002-wordleafs-fight.view-000




このエントリーをはてなブックマークに追加
nice!(1) 

田知本遥 女子金メダル一号 [柔道]

田知本遥選手、 
女子金メダル一号となる金メダルを獲得しました。


rapture_20160811081649.jpg


◇リオデジャネイロ五輪・柔道女子70キロ級
(2016年8月9日 カリオカアリーナ)

リオデジャネイロ五輪柔道は9日、
女子70キロ級が行われ、
前回ロンドン五輪7位の田知本遥選手(26=ALSOK)は
決勝でジュリ・アルベアル (30=コロンビア)に一本勝ちし、
日本勢今大会4個目、女子では初の金メダルを獲得した。

2分19秒、返し技からアルベアルを抑え込み。

「もう絶対に離さないと思ったし、
あと何秒と思って耐えました」と振り返った。

2大会連続出場の田知本遥選手だが、
東海大4年で出場したロンドン五輪は、
準々決勝で左肘を痛めてメダルに届かなかった。

その悔しさを晴らすことができたか尋ねられると
「できたと思う」と口数は少なく、
まだ実感は湧かない様子だったが、
それだけ集中していたのだろう。

田知本遥選手は世界ランク14位で、
上位8人までのシード権を
得ていないため1回戦からの登場。

1回戦は周超(29=中国)と対戦、
開始30秒で谷落としで技ありを奪い、
そのまま横四方固めで抑え込み、
合わせ技一本で快勝した。

2回戦では世界ランク1位の
キム・ポリング(25=オランダ)と対戦。

延長の末、優勢勝ちして準々決勝に進んだ。
準々決勝ではケリタ・ズパンチッチ(26=カナダ)との対決。
2戦連続となる延長戦を制した。

準決勝ではラウラ・ファルガスコッホ(26=ドイツ)と対戦。

開始1分38秒に大外刈りで技ありを奪い、
そのまま逃げ切り優勢勝ちとなった。

決勝では、最初に指導を取られるが、
2分19秒に谷落としで技ありを奪い、
そのまま横四方固めで抑え込んで勝負を決めた。

この4年の間に落とし穴もあった。

昨年2月の国際大会前にドーピング違反
成分が含まれた市販の風邪薬を服用し、
出場を見合わせ。

ケアレスミスで「警告」処分となったが、
そこから周囲の励ましを力に立ち直り、
国際大会で結果を残して巻き返した。

4月の全日本選抜体重別選手権で
2年連続3度目の優勝を飾り、
文句なしの代表入り。

7位に終わった4年前より
「自信がある」と満を持して再挑戦。

2度目の五輪でついに夢をかなえた。

メダルを手にした後、
田知本遥選手は「ずっと欲しかったもの…
手ぶらで日本に帰る辛さを知っているので、
何が何でも取ろうと思った」と笑顔で語り、
今回は五輪代表にはなれなかったが、

姉で女子78キロ超級の
田知本愛としっかりと抱き合っていた。


柔道もがんばれ日本!

引用元記事:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160809-00000030-dal-spo




このエントリーをはてなブックマークに追加
nice!(1) 

松本薫、意地の銅! [柔道]

松本薫選手、意地の銅メダルを獲得しました。


rapture_20160809090552.jpg

「リオデジャネイロ五輪第4日(8日=日本時間9日、カリオカアリーナ)
柔道女子57キロ級の松本薫選手(28)=ベネシード=が、
3位決定戦で連珍羚(台湾)を下し、銅メダルを獲得した。

松本薫選手は準決勝で世界ランク1位の
ドルジスレン(モンゴル)に敗れ、
前回ロンドン大会からの
連続金メダルは逃したが、
2大会連続でのメダルとなった。

松本薫選手は試合後のインタビューで
「準決勝で負けてしまったときに、
どう切り替えようかと思ったんですけど、
何も持たないまま日本に帰れないと思って戦った」と語った。

柔道もがんばれ日本!

引用元記事:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160809-00000030-dal-spo




このエントリーをはてなブックマークに追加
nice!(0) 

大野将平、柔道金メダル一号 [柔道]


大野将平選手、柔道 
金メダル一号となる金メダルを獲得しました。


rapture_20160809085703.jpg


「リオ五輪・柔道男子・73キロ級」(8日、カリオカアリーナ)

優勝候補だった
大野将平選手(旭化成)が、
決勝でルスタム・オルジョフ
(アゼルバイジャン)に一本勝ちし、

今大会の日本柔道初、
男子では2大会ぶりの金メダルを獲得した。

大野将平選手は序盤で内股による技ありを取り、
その後に指導を取られたが、
残り1分45秒に鮮やかな小内刈で一本を取った。

2、3回戦とも一本勝ちしていた大野将平選手は、
準々決勝でロンドン五輪66キロ級金メダリストの
シャブダトゥアシビリ(ジョージア)に優勢勝ち。
準決勝でもディルク・ファンティヘルト(ベルギー)に一本勝ちしていた。

日本の「一本柔道」を貫徹した
大野将平選手は表彰式で金メダルを授与され、
国歌演奏の間には目にうっすらと熱いものを光らせた。

そして、ほかのメダリストとの記念撮影では
普段のポーカーフェイスを崩した。

その後に「(金メダルは)重みがありますね。
やっと安心して、実感がわいてきました。
最高です」と話すと、

「内容はまだまだ反省すべきことがあり、
もっと強くなっていきたいし、
もっと強くなれると思います」と
再びストイックな姿に戻った。

表彰式での涙については、
「井上(康生)監督に会ったら涙が出ました」と素直に認めると、
今後に向け、「金メダルにふさわしい人間に成長したい。
東京五輪も目指します」と前を向いて話した。

大野は決勝で金メダルが決まった後にも、
「内容は満足のいくものではなかったが、
明日(の日本勢)にいいバトンが渡せたのではないかと思う」
などと謙虚に語り、
大本命にふさわしい王者の風格を漂わせていた。








柔道もがんばれ日本!

引用元記事:http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160809-00000030-dal-spo




このエントリーをはてなブックマークに追加
nice!(1) 

中村美里が二度目の銅メダル! [柔道]

3大会連続出場の中村美里選手が、
北京と同じ二度目の銅メダルを獲得しました。


rapture_20160808155615.jpg



<リオ五輪:柔道>◇7日◇女子52キロ級3位決定戦

3大会連続出場の
中村美里選手(27=三井住友海上)が
地元ブラジルのエリカ・ミランダを破り、
銅メダルを獲得した。

ゴールデンスコアの延長戦で
大内刈りの有効を奪った。

日本柔道チームは
2日連続のメダル獲得となった。

中村は08年北京五輪に続く
2度目の銅メダルとなった。

準決勝に続き、
奥襟をつかまれて頭が下がり、
序盤に指導を受ける厳しい展開。

そこから攻め続け、
残り1分21秒で逆に相手が
指導を受けてポイントで並んだ。

4分間で決着が付かずに迎えた延長戦では、
背負い投げなどで積極的に攻めた。

2分22秒に大内刈りで相手を倒し、
有効のポイント。

苦しみながらも
見事な銅メダルを獲得となった。

試合後も表情は厳しいまま。

「やっぱり金メダルがほしかったので
悔しい気持ちです。

(準決勝敗戦後)あと1回という気持ちで、
間の時間は少なかったんですが切り替えました。

苦しい試合でしたが、
最後まであきらめず戦いました」と振り返った。

スタンドでは両親が観戦した。

「ロンドンでは1試合しか(涙で言葉に詰まる)。

今回は少しでも多く戦う姿が
見せられたので良かったと思います」と、
これまでの思いが頭に浮かんだのか、
涙を必死でこらえながら話した。

表彰式ではほほ笑みが戻った。

メダルをかけられたとき、
メダリスト4人での記念撮影でも、
笑顔が見られた。

「やっぱり悔しさがあります。
(隣の金メダルを見て)
金メダルが欲しいなと思いました。

色々な経験をして取った
メダルなので、大事にしたいです。

応援ありがとうございました」と振り返った。




中村美里選手、
金メダルが欲しかったようですね。

二つ目となる両親の前での
りっぱな銅メダル獲得でしたね。





柔道もがんばれ日本!

引用元記事:http://rio.yahoo.co.jp/japanese/detail/JU09/


このエントリーをはてなブックマークに追加
nice!(1) 

海老沼匡 2大会連続銅メダル [柔道]

海老沼匡選手が
2大会連続銅メダルを獲得しました。



rapture_20160808080108.jpg

<リオ五輪:柔道>◇7日◇男子66キロ級3位決定戦

海老沼匡選手(26=パーク24)が
アントワヌ・ブシャール(カナダ)に一本勝ちし、
ロンドン五輪に続く2大会連続の銅メダルを獲得した。

序盤に消極的な姿勢で指導を受けたが、そこから攻めた。
疲労の色が見える相手から残り2分28秒に
背負い投げで有効を奪って逆転。

残りわずかになっても攻める姿勢を崩さず、
残り1分8秒に見事な背負い投げで一本を奪った。

試合後は最初に反省の言葉が口を突いた。
「準決勝で気持ちの部分で負けてしまったので。
あそこで踏ん張れなかったのが敗因です
。(準決勝で負傷したが)それは関係ないです。

メダルを取るのと取らないのでは違うので、
ぶざまな試合ですがメダルだけは取って帰ろうと思った」
と厳しい表情を崩さず話した。

それでもスタンドで応援してくれた
香菜夫人への気持ちを聞かれると
「金メダルを取って一緒に喜びたかったんですが、
ぼくの力不足です」と涙で声を詰まらせた。

2大会連続銅メダルすごいことです。

柔道もがんばれ日本!

引用元記事:http://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/judo/news/1691173.html
nice!(0) 
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加